2007年08月06日

スイス

まさに風光明媚の代名詞です。九州よりやや小さい面積で人口は約749万人、南部には登山愛好家にはまさに最高のアルプス山脈が走っています。
公用語はドイツ語ですが、フランス語やイタリア語も一部使われています。
首都のベルンやチューリッヒからスイスアルプスに至るまでの大自然とミニチュアのような家々や歴史的な教会やお城には眼をうばわれます。
いくつかの国際機関のあるジュネーブ地方のレマン湖畔は芸術家や王侯貴族が集まる場所であり、古城や有名人の別荘が多いことで魅力のあるところで、イタリアにかけてのルガーノ湖畔やローマ遺跡や中世の名残の多いこの地方はスイス最大の魅力の結晶ともいわれます。
また17世紀前半に神聖ローマ帝国から独立して「永世中立国」としても知られていますが、中学生の非常に厳しい「軍事訓練」は義務化されています。
さらには美しい牧畜地域の魅力の一方には世界に誇る機械工業が国の特徴を大きくしています。
時計などの精密機械、自動車や船舶用のエンジン、そして繊維機械があって日本の造船や紡績工場などの多くが採用していることが注目されています。
空港や駅の便利さは私の経験では抜群で、とても訪問しやすい国の筆頭です。



Posted by ブロやン  at 18:29